Mise en relation de parents privés de leur enfant

Archive for the ‘Newspaper article’ Category

Fate of child abductions bill in Diet uncertain Fate of child abductions bill in Diet uncertain : an article of The Japan Times

dimanche, avril 15th, 2012 Posted in Japon, Newspaper article | Commentaires fermés sur Fate of child abductions bill in Diet uncertain Fate of child abductions bill in Diet uncertain : an article of The Japan Times

By MASAMI ITO Staff writer Copyright : Japan Times Source : http://www.japantimes.co.jp/text/nn20120413f2.html The government finally submitted legislation to the Diet last month for joining the Hague Convention on international child abductions but its passage appears far from certain. Western allies have long pressured ...

One-fifth of kids deprived of contact with one parent

jeudi, décembre 15th, 2011 Posted in aliénation parentale, Newspaper article | 1 Comment »

Source : http://www.japantimes.co.jp/rss/fl20111213hn.html Dear Prime Minister Yoshihiko Noda, Minister of Justice Hideo Hiraoka, Minister for Foreign Affairs Koichiro Gemba, Minister of Health, Labor, and Welfare Yoko Komiyama, and the government of Japan, I pose the question: How many children ...

La petite Elise et sa mère interpellées en Hongrie

lundi, avril 13th, 2009 Posted in enlèvement d'enfant, Newspaper article, SOS Parents Japan | Commentaires fermés sur La petite Elise et sa mère interpellées en Hongrie

LEMONDE.FR avec AFP | 13.04.09 | 12h43  •  Mis à jour le 13.04.09 | 14h28 http://www.lemonde.fr/international/article/2009/04/13/la-petite-elise-et-sa-mere-interpellees-en-hongrie_1179981_3210.html C'est la fin du suspense dans l'affaire de l'enlèvement de la petite Elise. La fillette franco-russe âgée de trois ans et demi enlevée le 20 mars à Arles ...

親子面会交流ネット:親権者に拒否された親たち、権利の法制化求め設立

mercredi, juillet 16th, 2008 Posted in Newspaper article | Commentaires fermés sur 親子面会交流ネット:親権者に拒否された親たち、権利の法制化求め設立

Source : http://mainichi.jp/area/tokyo/news/20080715ddlk13040254000c.html 親子面会交流ネット:親権者に拒否された親たち、権利の法制化求め設立 /東京 ◇6団体参加 離婚後、親権者に子供との面会を拒否されている親たちが13日、「親子の面会交流を実現する全国ネットワーク」を設立した。子供と面会する権利の確立を訴え、今後は法制化を求めて国などへの働きかけを行う。 民法では、離婚後の親権はどちらか一方が持ち、面会交流の権利は明文化されていない。親同士で話し合う面会の仕方はこじれがちで、裁判所に調停を申し立てることもできるが強制力がなく、無視されるケースも多いという。こうした現状から権利の法制化を求める声が高まっている。 ネットワークには「くにたち子どもとの交流を求める親の会」など6団体が参加。12日に文京区内で開いた設立集会では、3人の男女が体験を報告した。4年前に離婚した35歳の女性は「いつでも会わせる」との条件で親権を元夫に渡した。最初は月に1度は面会できたが、夫の再婚後は頻度が減り、現在は面会を拒否されているという。女性は「子供のことが心配でならない」と声を詰まらせた。 親権問題に詳しい棚瀬孝雄・中央大教授は講演で「家制度の影響で『別居した親は他人で、子供に会わせるのは有害』との意識が根強いが、それは間違いだ。子供のためにも明確なルールを作る必要がある」と指摘した。 ネットの代表者、宗像充さん(32)=国立市=は「活動を通じて、子供に会えない親がいることを知ってほしい。一人の親が親権を持つのではなく、諸外国のように『共同親権』を導入する必要がある」と話している。 【川崎桂吾】