Mise en relation de parents privés de leur enfant

Archive for juillet, 2008

Ce père si important!

mercredi, juillet 23rd, 2008 Posted in aliénation parentale, enlèvement d'enfant, Japon | Commentaires fermés sur Ce père si important!

Un article de Dora Tauzin, paru dans le journal Asahi (édition du soir) du 21 février 2008 ずっと大切な「お父さん」 一時帰国していたフランスから日本の家に帰ると、愛する妻と娘の姿がない。置き手紙には「連絡は弁護士へ」。友人のジャック・コローさんの苦難はこんな場面から始まりました。 パリでは夫婦の2組に1組は離婚する、なんて言われていますが、子育てを望む男性の増加もあって、離婚した家庭では、平日と週末に分けてそれぞれの親と暮らす子どもが増えています。フランスは「共同親権制」。子どもには、父親、母親どちらとも交流する権利が保証されているのです。 日本でも離婚が増えていますが、子どもに会わせてもらえない親も増えています。それは、日本は「単独親権制」だから。親権のない親(たいてい父親)は、「会わせたくない」という親権者の意向で、親子の関係を絶たれてしまうのです。コローさんは子どもに会うための戦いをもう4年も続けています。離婚が成立した際に家裁で取り決めた、週に1度の面会の約束は1回も果たされていないのです。誕生日のプレゼントすら渡せないなんて! コローさんのように日本人との国際結婚の場合、ハーフの娘はもうひとつの祖国フランスと触れ合うチャンスを奪われてしまいます。これは、彼女にとってアイデンティティーを確立していくうえで重要な問題です。 夫婦の関係が破綻(はたん)しても、親子の関係まで引き裂かれることはないはず。共同親権を法制化し、離れた親に会う権利を守るべきではないでしょうか。日本でも子育てに熱心な男性がずいぶん増えていますよね。私にとって父の存在はとても大きいし、今もふたりで旅行するほど仲良し。お父さんの役割は子どもにとって大切なんです! Dora Tauzin(ドラ・トーザン) / フランス人国際ジャーナリスト 【2008年2月21日、朝日新聞マリオン】

Dual nationality children and respect of visitation rights after a divorce in Japan : A priority of the French presidency of the EU for the forthcoming six months

samedi, juillet 19th, 2008 Posted in aliénation parentale, enlèvement d'enfant | Commentaires fermés sur Dual nationality children and respect of visitation rights after a divorce in Japan : A priority of the French presidency of the EU for the forthcoming six months

On the 2nd of July 2008, the French President of the European Union has announced its priorities for the forthcoming six months to the Ambassadors and Heads of Mission of the 27 member countries of the European Union. With regard to ...

Manifestation du réseau Oyakonet à Tokyo, le 13 juillet 2008

vendredi, juillet 18th, 2008 Posted in aliénation parentale, Cinéma, Conférences, enlèvement d'enfant, Law | Commentaires fermés sur Manifestation du réseau Oyakonet à Tokyo, le 13 juillet 2008

Le réseau japonais Oyakonet a organisé un symposium rassemblant de nombreuses associations de parents privés de leur enfant. Nous diffuserons d'autres vidéos de cet événement très prochainement sur ce site. Voici aujourd'hui une petite vidéo de la manifestation qui a suivi ...

親子面会交流ネット:親権者に拒否された親たち、権利の法制化求め設立

mercredi, juillet 16th, 2008 Posted in Newspaper article | Commentaires fermés sur 親子面会交流ネット:親権者に拒否された親たち、権利の法制化求め設立

Source : http://mainichi.jp/area/tokyo/news/20080715ddlk13040254000c.html 親子面会交流ネット:親権者に拒否された親たち、権利の法制化求め設立 /東京 ◇6団体参加 離婚後、親権者に子供との面会を拒否されている親たちが13日、「親子の面会交流を実現する全国ネットワーク」を設立した。子供と面会する権利の確立を訴え、今後は法制化を求めて国などへの働きかけを行う。 民法では、離婚後の親権はどちらか一方が持ち、面会交流の権利は明文化されていない。親同士で話し合う面会の仕方はこじれがちで、裁判所に調停を申し立てることもできるが強制力がなく、無視されるケースも多いという。こうした現状から権利の法制化を求める声が高まっている。 ネットワークには「くにたち子どもとの交流を求める親の会」など6団体が参加。12日に文京区内で開いた設立集会では、3人の男女が体験を報告した。4年前に離婚した35歳の女性は「いつでも会わせる」との条件で親権を元夫に渡した。最初は月に1度は面会できたが、夫の再婚後は頻度が減り、現在は面会を拒否されているという。女性は「子供のことが心配でならない」と声を詰まらせた。 親権問題に詳しい棚瀬孝雄・中央大教授は講演で「家制度の影響で『別居した親は他人で、子供に会わせるのは有害』との意識が根強いが、それは間違いだ。子供のためにも明確なルールを作る必要がある」と指摘した。 ネットの代表者、宗像充さん(32)=国立市=は「活動を通じて、子供に会えない親がいることを知ってほしい。一人の親が親権を持つのではなく、諸外国のように『共同親権』を導入する必要がある」と話している。 【川崎桂吾】

Activités des associations de parents japonaises

mardi, juillet 15th, 2008 Posted in aliénation parentale, Japon | Commentaires fermés sur Activités des associations de parents japonaises

Une séance de travail pour le lancement du réseau des associations luttant pour l'établissement d'un droit de visite aux enfants de la part du parent qui n'en a pas eu la garde suite à une séparation ou un divorce a ...

Press Conference at FCCJ – Children Lost in Japan

samedi, juillet 12th, 2008 Posted in Conférences, enlèvement d'enfant, Japon, Law | Commentaires fermés sur Press Conference at FCCJ – Children Lost in Japan

The Foreign Correspondents’ Club of Japan Press Conference, Thierry Consigny, Colin Jones & Takao Tanase 15:00-16:00 Monday, July 14, 2008 (The speech and Q & A will be in English) “Children Lost in Japan” An intense debate is occurring now in the media in Japan, ...

Hard work begins once Japan signs child-abduction treaty

vendredi, juillet 4th, 2008 Posted in aliénation parentale, enlèvement d'enfant | 2 Comments »

Hard work begins once Japan signs child-abduction treaty By COLIN P.A. JONES If my own mailbox is any indicator, the Internet is buzzing as international family lawyers, family rights activists and others share an exciting piece of news: Japan is reportedly planning ...